恐ろしい増殖ぶりです

三十路も半分まで来るとシミなるものが頬や手などに出現して、恐ろしい増殖ぶりです。

元凶はあれしか考えられません。

日焼けによる紫外線のダメージです。

靴をはけるまでに成長した子供と雨降りの日以外は毎日仲良く近くの公園まで出かけ、午前中たっぷりと遊ばせました。

早く出かけたい子供は自分の準備が終わるともう待てません。

ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。

そのため、自分の方はとりあえず帽子だけかぶって見切り発車することが多くなってしまうのです。

後で必ずつけが回ってきます。

若くても日焼け対策はしっかりするように心がけます。

気がつけばアラサーになっていて、仕事もあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、何気なくのぞいた鏡を前にして大変驚いてしまいました。

目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさをそのまま表しているように思えました。

この日から、私の心境に変化が生まれたのです。

どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰っても面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、肌のためにできることをして、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。

お顔にシミが目立ってくると、実年齢よりも年上に見られてしまうでしょう。

加齢が進むにつれて、肌が健康を取り戻すのに時間がかかるようになり、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、日焼け対策は怠ってはいけません。

帽子、または日焼け止めなどで直接の紫外線を避けるとともに、アセロラ、ピーマンなど、多くのビタミンCを含んでいる食物を、意欲的に摂りましょう。

顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるようになるのは、大体38歳くらいかなと個人的には思っています。

このくらいの年齢になると本当に実感するのですが、なかなか疲れがとれなかったり、クマやほうれい線といった、老けて見えるサインが激しく存在アピールを始めるようになります。

38歳になるまでは、肌の調子がすごく落ちていても、ちゃんをケアをして睡眠をとればすぐに復活を果たしていたはずでした。

でも、38歳以降元の調子に戻るまで、相当時間を必要とするようになって、疲れが残った状態が続いてしまっているのです。

肌にはその人の正直な年齢がよく表れているように感じます。

目の下の部分などは特にシワも増える一方ですし、クマもずっと離れませんので、年齢あがるにつれ、この部分について悩む人は増えていくそうです。

それから、肌のハリ、ツヤが加齢を原因として消えていくと、肌はしぼんでシワとなります。

顔に限定しますが、一体どこのシワで多くの人が悩んでいるかというと不機嫌そうに見える眉間にできた深いシワ、目の下や目尻の笑いジワ、これのおかげで一気に老けて見えるほうれい線などです。

最近の話です。

肌のケアをしていた時にふとした思いつきがありました。

それはこういうものでした。

柔らかい質の肌にはしわはできにくくなるのかもしれない、ということなのです。

ほうれい線とか目尻の笑いじわなどが目立つ気がしてなんとかしたかったのですけれどしばらく前から炭酸パックを始め、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃からしわがあまり目立たなくなってきたように思います。

何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。

くすみが目立つ大きな原因として、糖分の摂り過ぎを疑ってください。

お菓子でお腹を満たしていると自分に合った美白化粧品を使っていてもお肌がくすんで、黄ぐすみ状態になることがあるでしょう。

お肌のコラーゲンが糖と結びつき、その働きが弱まっている可能性があります。

コラーゲンと糖の結合によって、老化を加速する物質が生じることをコラーゲンが糖化したといいます。

全身の老化を加速させないために、糖分の摂りすぎには注意してください。

シワの原因をご存知でしょうか。

これはいくつもあるのですが、一番大きいと考えらえれているのが乾燥になります。

シミに効く 化粧品のランキングの口コミでも肌の水分が足りなくなって、乾燥して皮膚にシワが刻まれていくことになるのです。

例えば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており他の部分よりずっと、乾燥に弱いとされていて、他の部分に先駆けて、小ジワが出てきてしまうようなのです。

それにまた、年齢を重ねていくことにより、皮膚の張りを保つ役割を持つ、コラーゲンやヒアルロン酸が減って行く事になり、こうしてシワ、たるみは発生していくわけです。